本文へスキップ

研修会等のご案内



内容:詳細
 横浜精神分析研究会2019年度研修会
(1)横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)
日時:毎月 第2日曜日(6月は第3日曜日)の13~17時 年間13回
  (文献購読:13:00~14:55、症例検討:15:00~17:00)
場所:港北区社会福祉協議会 他(神奈川県横浜市)
講師:北川清一郎 費用:22,000円
内容:文献講読と症例検討
https://yokopsy.com/index.php/meeting
(2)力動的グループSV
日時:2019年4月から毎月 第2日曜日の9:30~11:30(6月のみ第3日曜日の6月16日)
場所:心理オフィスK(神奈川県横浜市)
講師:北川清一郎 費用:50,000円
内容:グループスーパーヴィジョン
https://yokopsy.com/index.php/groupsv
(3)日常臨床のための対象関係論(独立学派)入門
日時:毎月1回 平成31年4月より原則第一日曜日(午後1時から5時までの4時間)
講師:祖父江典人 費用:40,000円
内容:講義と事例検討
https://yokopsy.com/index.php/objectrelations
 日曜 読書会のご案内
精神分析は私たちの臨床に豊かな視点を提供してくれます。日常臨床の中で精神分析的な視点を取り入れている方々は多くいらっしゃるのではないでしょうか。私たちは2017年に精神分析の論文(主に古典)についてともに学び、話し合える場を作りました。2018年は2名の参加者を新たに募集いたします。今後も参加者の方々のご希望もお聞きしながら実りある場となるよう運営していきたいと考えております。また、時々は特別ゲストの先生をお呼びする予定でおります。ご参加をお待ちしております。
1. 対象 精神分析の論文を読むことに興味をお持ちの方
2. 日時 :
9月30日、11月4日、12月9日、
2019年3月24日 (年6回、東北精神分析セミナーのある日の午前中です) 9:00~11:00
3. 場所 宮城野心理臨床センター(別紙地図をご参照ください)
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡1-7-15サニービル707
4. 参加費 1回1000円(場所代等のため。その都度徴収します)
5. 進め方 課題となった論文について1パラグラフごとに担当を決めディスカッションを行います。
参加が決定した方には個別に課題論文について事務局よりご連絡いたします。
現在使用している書籍は『フロイト技法論集』藤山直樹 編です。
6.申し込み方法 1.氏名、2.所属、3.職種、4.経験年数、5.東北精神分析セミナーに参加した経験の有無、
6.参加を希望した理由(簡単に)を明記し、日曜読書会事務局までe-mailにてお申し込みください。
応募多数の場合は臨床上の要請の強い方を優先させていただきます。
日曜読書会事務局 大島進吾(東北福祉大学せんだんホスピタル) 高橋 翔(文化通りやぎうちクリニッ
ク)永田悠芽(山形さくら町病院) e-mail :nitiyoudokusyokai@gmail.com
7.申込期限 5月31日(木)
 一般社団法人日本未病システム学会メンタルヘルス部会 研修会
テーマ:医療における発達障害アセスメント(ADOS-2)
日時 :2019年3月2日(土)10:00~16:00(9:30受付開始)
場所 :慶應義塾大学医学部 第2校舎講堂(東京都新宿区信濃町35)
対象者:臨床心理士、公認心理師、公認心理師受験資格保持者
     発達検査をおこなっている方、臨床心理学系大学院生
参加費:事前登録3,000円、大学院生1,500円、当日参加は一律 4,000円
         *日本未病システム学会正会員は参加無料。
*学生の方は当日受付にて学生証の提示をお願いします。
締切り:2019年2月28日(木)定員に到達次第締め切らせていただく場合があります。 

申込み及び詳細URL: http://www.mibyou-mentalhealth.jp/

実施団体 :一般社団法人 日本未病システム学会メンタルヘルス部会
*本研究会は臨床心理士資格更新ポイント2ptへ申請予定です

問い合わせ先:
三重大学地域理数教育推進室(三重CST/ジュニアドクター育成塾サポート室)内
日本未病システム学会メンタルヘルス部会事務局
Tel:059-231-9949 Mail: info@mibyou-mentalhealth.jp
 横浜高次脳機能障害診断法研修会 知能検査と神経心理学的アセスメント <認知症を中心に>

 

認知症とそのアセスメントの実際について学ぶ研修会です。
午前中は認知症に関する講義を,午後は検査の演習です。
医療で使用されている
ほぼ全ての心理検査と神経心理学的検査の器具を備えてあります。演習では皆様が希望する検査を何種類でも器具を触りながら体験して頂けます。経験者, 初心者を問わず認知症について勉強したい方の受講申し込みをお待ちします。
1日のみの参加も可能です。臨床心理士の方は資格更新ポイント2日で4, 1日参加で2点獲得できます。詳しくはHPを参照して下さい。 http://members2.na.coocan.jp/index.html

全 コースとも講師は横浜高次脳機能障害診断法研究会 主宰 中野光子です。
<期日> 2019年3月2日(土) 3日(日)  (第73期)
<講義内容>  初日   認知症と記憶障害             
       2日目  検査の選び方 所見の書き方 
<会場> 横浜高次脳機能障害診断法研究所 JR根岸駅から徒歩数分

 <演習可能なテストの種類> WAIS-, WISC-4, 鈴木ビネーテスト, 田中Binet 5
Raven Standard Progressive Matrices, Raven Coloured Progressive Matrices,
標準失語症検査,  WAB, WMS-R, リバミード行動記憶検査, 標準視知覚検査, 標準注意
検査法, 標準意欲評価法, RAVLT, RCFT, Cognistat, Wisconsin Card Sorting Test,
BADS, FAB ほか 神経心理学的検査
<参考書> 拙著 「高次脳機能診断法」  山王出版  2,800

 <参加費> 25,000円(学割,  repeater 20,000円),
      1日コース 13,000円(学割,  repeater 10,000)
<申し込み法> 住所・氏名・所属・本研修会参加を希望する理由等簡単な自己紹介、どこで本研修会を知ったかの情報を添えて以下に申し込んで下さい。 
<申し込み先中野光子  m-naka27@jcom.home.ne.jp 

 【一般社団法人こころとキャリアの発達支援推進機構設立4周年記念特別研修会】

「ひきこもりケースのアセスメントを学ぶ」

【講師】近藤直司先生( 大正大学心理社会学部臨床心理学科教授)

【日時】平成3139日 1330分~1640

【場所】アステ川西6階 アステホール (兵庫県川西市栄町兵庫県川西市栄町25-1

阪急梅田駅より急行で20分、阪急宝塚線「川西能勢口」駅徒歩3分。JR大阪駅より快速で17分、JR福知山線「川西池田」駅徒歩6分。

【定員】100名   【参加費】無料 

【対象】教育・医療・保健・福祉・就労支援等の領域に従事する専門職

案内PDF http://docs.wixstatic.com/ugd/45185e_0714e7c636af4ab7b85dac4cfba81a79.pdf

【参考文献】参考文献としては、「青年のひきこもり・その後 ―包括的アセスメントと支援の方法論」(岩崎学術出版社)が基本的なテキストになります。

【事例募集】事例の提出者を3名募集致します。守秘性には最大限の配慮を致します。奮ってご応募ください。

申 込 方 法 】 お申し込みは、メールにて、件名を「PRISM設立4周年記念特別研修会申込」 とし、 

    氏名 ②住所(市町村のみ) ③ご所属(勤務先) ④職種 ⑤電話番号 ⑥この研修会をどこで(何で)知ったか、 その他、事例提出希望・質問事項等をご記入の上、 cocoro.to.career@gmail.com  までメールにてお申し込みください。 1週間程度で、申込受領の返信メールがない場合は、再度ご連絡ください。) 
【その他】当法人では、ひきこもりや発達障がいに特化した地域活動支援センターの立ち上げを予定しています。診断閾値下の発達特性を短時間の心理アセスメントによって把握する独自の方法に定評があります。「ひきこもりと発達障がいを考える研究会」や「精神科領域における発達障がいを考える研究会」も定例的に開催致します。いずれかにご関心がおありの方は、是非ご連絡ください。(申し込みメールに追記ください。)
 日本集団精神療法学会第36回大会のお知らせ
大会テーマ:「私たち」のグループを求めて
期間:2019年3月9日(土)、10日(日)
会場:国際基督教大学(東京都三鷹市3-10-2)
内容:講演、シンポジウム、一般演題のほか、各種体験型ワークショップなど
大会HP:http://jagp1983.com/jagp36tokyo 当日申し込みも可能です。

特別講演Children of the Camps: Uncovering Buried Trauma through Group Process

(日系人収容所の子どもたち:グループ体験による隠されたトラウマの発見)

講演者:サツキ・イナ氏

 

シンポジウム:「私たち」のグループを求めて~「心理学的になる」ことの意味

【シンポジスト】相田信男・鎌田明日香・白波瀬丈一郎

【指定討論者】小宮敬子

【司会】西村馨・荻本快

 

市民公開プログラム:発達障害児を育てるグループ

【シンポジスト】小道モコ・渡部京太・林 尚宏・大橋良枝

【指定討論者】生地 新

【司会】石川与志也

 

ど、多様なプログラムが用意されています。ご関心のある方はぜひいらしてください

 
ユング派分析家ロバート・ボズナック 夢ワークショップ(体現的ドリームワークEDW)のご案内
 
2000年に京都大学で客員教授を務めたこともあるボズナック氏は、毎年東京で夢を扱うワークショップを行ってきましたが、2013年からは、東日本大震災の被災地への支援をしたいという想いのもと、毎年3月に来仙し、特別料金でワークショップを行っています。
夢を外から解釈するのではなく、夢に現れたイメージの内側に入り込み、身体感覚を使って体験することで、思いがけない気づきが、生き生きとした形で得られます。
(著書:『R.ボズナックの体現的ドリームワーク心と体をつなぐイメージ』(2011)、『夢体験を深める』、『クリストファーの夢』(共に創元社)、『ドリームワーク』(金剛出版)など。)  
名人の心技を間近で見て感じる貴重な機会です。興味を惹かれた方は是非ご参加ください。
 
日時:2019年3月21日(木・祝)9:30~17:30
会場:東京エレクトロンホール宮城
参加費:12,000円(学生10,000円)

●申し込み方法・問合わせ先

1)  メールにて「EDW in SENDAI参加希望」と表記の上、以下の6つの内容を添えてお申し込みください。 

  名前 ②年齢・性別 ③職業 ④℡(当日連絡用) ⑤住所 ⑥メールアドレス 

e-mailアドレス  e.dreamwork@gmail.com(担当:生野

2)  こちらからご連絡を差し上げます。4日たっても連絡のない時は、恐れ入りますが主催元へ郵送にてご連絡下さい。

3) お振込みをお願いします。納入された参加費は、当方の都合による場合を除き返金できませんのでご注意下さい。)

振込先口座: 三菱UFJ 銀行 滝野川支店 普通 0720760「日本EDW 研究会」
お送りいただいた個人情報は、厳重に管理・保管し、当会からの連絡目的のみに使用し、その他の目的に用いることはありません。
 <【治療的アセスメント:①公開ケーススーパービジョン、②子どもと家族の 治療的アセスメント、③治療的アセスメント入門】ワークショップのご案内>

①「公開ケーススーパービジョン」
2つの事例についてスーパービジョンを行います(逐次通訳つき)。事例の応募については添付のチラシかHPをご覧下さい(https://www.asiancta.com/training)。
     ◆日時:
     2019年4月27日(土) 9:30~17:00
     ◆会場
     家の光会館(JR飯田橋駅西口 徒歩5分)
     URL:http://www.ienohikariss.co.jp/bld/
     ◆講師:
・スティーブン・E・フィン(米国テキサス州Center for Therapeutic Assessment Institute) 
  ※『治療的アセスメントの理論と実践-クライアントの靴を履いて
-』著 
・中村紀子(ACTAクリニカル・ディレクター)

  ※中村心理療法研究室、Exner Japan Associates、国際ロールシャッハ及び投影法学会会長

②「子どもと家族の治療的アセスメント」
実際の子どもと家族のケースビデオをご覧頂きながら治療的アセスメントについて学びます(逐次通訳つき)。こちらは中級(レベル2)の内容となっているため、過去に治療的アセスメントのワークショップに参加されている方のみご参加いただけます。
     ◆日時:
     1日目:2019年4月28日(日) 10:00~18:00
2日目:2019年4月29日(祝・月)  9:30~17:00
     ◆会場
     飯田橋レインボービル(JR飯田橋駅西口 徒歩5分)
     URL:http://www.ienohikariss.co.jp/bld/
     ◆講師:
・スティーブン・E・フィン(米国テキサス州Center for Therapeutic Assessment Institute)   
※『治療的アセスメントの理論と実践-クライアントの靴を履いて
-』著 
・中村紀子(ACTAクリニカル・ディレクター)
※中村心理療法研究室、Exner Japan Associates、国際ロールシャッハ及び投影法学会会長
・ACTAメンバー

→①②の費用:

・①のみ(3/15迄のお申し込みの場合)早割19,000円
             (申込締切4/12) 22,000円
・②のみ(3/15迄のお申し込みの場合)早割36,000円
    (申込締切4/12) 41,000円
・①②両方(3/15迄のお申し込みの場合)早割49,
000円
             (申込締切4/12) 55,000円

③「治療的アセスメント入門」
治療的アセスメントの基本的な構造について学びます。
◆日時:
     2019年6月30日(日) 10:00~17:00
◆会場
     飯田橋レインボービル(JR飯田橋駅西口 徒歩5分)
     URL:http://www.ienohikariss.co.jp/bld/
◆講師:
・中村紀子(ACTAクリニカル・ディレクター)
・村上貢(ACTA)
・小倉菜穂子(ACTA)
◆費用:
・(6/7迄のお申し込みの場合)早割10,000円
  (申込締切6/14)通常料金12,000円

  <お問い合わせ・お申し込み先:ACTA事務局>
     ・E-mail:asiancta@gmail.com

  <申し込み方法:メールにてお申し込みください>
     ・件名…「2019年ACTA春のワークショップ申し込み」とお書きください
     ・内容…参加希望するワークショップ名(スーパービジョン、子どもと家族の治療的アセスメント、入門)と下記参加者情報
1) 氏名(ふりがな)
2) 氏名のローマ字表記(例:TARO ACTA)
3) ご所属
4) 郵便番号・住所
5) 電話番号
6) 専門家(臨床心理士資格の有無)、大学院生の別
7) E-mailアドレス
8) お支払い方法(口座振込/クレジットカード払い
《Visa,MasterCard,AmericanExpress,JCB対応》のいずれか)
9) TAIメンバー資格の有無
10)備考(会場の環境等に配慮が必要な場合はご記入ください)
 「LfA JAPAN2019」へのお誘い
「治療共同体について考える会」は、「京都集団療法研究会」「日本集団集団精神療法学会」などの協賛を得て、日本で2回目となるLearning from Action Working Conference「LfA Japan 2019」を開催します。
  • LfA(Learning from Action)とは、治療共同体とグループ・リレーションズ・カンファレンスの設定を混合させた体験型ワークショップです。参加者が2泊3日の泊まり込みで一時的なコミュニティを形成し、その中で様々な活動グループにおけるアクションを体験し、それを言葉でリフレクトすることを通して、無意識的で非言語的なコミュニケーションが、意思決定過程や説明責任など多様な側面にいかに影響するかを探究し、重篤な精神疾患をもつ人たちの「アクション」を通した表現への理解や気づきを深めることを目指しています。
 今回は、イタリアからLuca Mingarelli(サイコロジスト)、Giovanni Foresti(精神科医)、Davide Catullo(サイコセラピスト)が来日します。
 精神科病棟、デイケア、児童心理治療施設、福祉施設の現場で、重篤な精神疾患や子どもなど、言葉が十分に機能しない人たちと仕事をする様々な職種のスタッフの方々(臨床心理士、公認心理師、精神科医、作業療法士、精神保健福祉士、看護師、保育士、指導員など)に参加していただけます。
 
開催日:2019年5月17~19日(金~日)
場所:伊東市
詳細:以下のリンクからご確認ください。
治療共同体について考える会

皆さまのご参加をこころよりお待ちしております。
 
LfA Japan 2019 事務局
川合裕子
 TF-CBT Introductory Trainingのご案内(5月18日-19日、岩手開催)
⇒開催中止となっています。


日 程: 2019年5月18日(土)~19日(日)
主 催: 岩手医科大学神経精神科学講座
会 場: 岩手医科大学 矢巾キャンパス
     http://www.iwate-med.ac.jp/access/
対象者: 子どものトラウマに関する基本的知識をお持ちの精神科医、臨床心理士等
受講料: 40,000円(資料代含)
定 員: 50名
申 込: お申し込みフォーム
     https://goo.gl/forms/cm5Ri2tsvffKEEzR2
     もしくはフライヤー末尾の申込み用紙をご利用ください
締 切: 2019年4月5日(金)
     * 2019年4月12日(金)をめどに、申込者全員に対し参加可否のお返事を差し上げます
 
問い合わせ先: 岩手医科大学いわてこどもケアセンター
        kodomocare.kensyu@gmail.com
 

太田ステージ;自閉スペクトラム症への認知発達治療

<育児教育心理サポート研究所主催>

○対象者;医療・教育・福祉・心理・司法機関等の心理士(臨床心理士・公認心理師を含む)、支援職員、教員、保育士等及び心理・教育を学ぶ大学院生・修了生

○日 時;2019年5月26日(日)  10151615   受付  930
○会 場:兵庫県中央労働センター

    〒650-0011神戸市中央区下山手通6-3-28  TEL;078-341-2271
○内 容; 

①自閉スペクトラム症とは      ②太田ステージ(発達の道筋)とは

    太田ステージによる療育・認知発達治療の実践

    太田ステージの実習       ⑤まとめ

○講 師;亀井真由美(臨床心理士) 

現東京都立東大和療育センターリハビリテーション科主査

        所属団体 心の発達研究所

        主な経歴 東京大学附属病院精神科小児部デイケアスタッフとして、

自閉症の認知発達治療の開発に携わる。

○参考書籍;

「自閉症治療の到達点 改訂版」 日本文化科学社)

 「認知発達治療の実践マニュアル」 日本文化科学社)

StageⅣの心の世界を追って―認知発達治療とその実践マニュアル」 日本文化科学社)

「太田ステージによる 自閉症療育の宝石箱」 日本文化科学社)

準備物; はさみ

○受講料; 8000円(大学院生は7000円、但し、修了生は8000円です。)  

当日ご準備ください。キャンセルは3日前までに要連絡。

○申込期限  5月23日   

◎申込方法 育児教育心理サポート研究所HPの「講演会・ワークお申込み」からお申し込みください(トップページ最上段右)。http://www.childcare-psychology.com

*受付の可否については、不可の場合のみの連絡とさせていただきます。*

<お問い合わせ先>

659-0084 兵庫県芦屋市月若町3-22A2 育児教育心理サポート研究所長 幸村和子 

 Maii; linfo@childcare-psychology.com

Tel 0797-25-0125   Fax 0797-25-0126

その他






福島県臨床心理士会事務局

事務局
 いわき明星大学 人文学部
  心理学科内
    
〒970-8044 
 福島県いわき市中央台飯野
  5丁目5-1
      
*平成30年度より、事務局電話を外しております。お問い合わせいただいた方には大変ご迷惑をおかけしました。
当会へのお問い合わせは、メールにてお願い致します。

      Email はこちらから