本文へスキップ

研修会等のご案内



内容:詳細
 京都CBTセンター 「少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ」開催のご案内
【内容】各回1時間30分程度
第1回:CBTの基礎理論、目標設定の方法 、ホームワーク
第2回:問題についてケースフォーミュレーション
(認知モデル、行動モデル)の作成 、 ホームワーク
第3回:記録の取り方 、介入方法の選択、ホームワーク
第4回:結果の振り返り、京都CBTセンタースタッフからのFB

【期間・定員】各クール10名程、隔週金曜20時スタート
第1クール(11月5日、19日、12月3日、17日)
第2クール(1月7日、21日、2月4日、18日)
第3クール(3月4日、18日、4月1日、15日)
※希望のクールをお選びください。

【料金】
全4回1セット:20,000円(税込)

【申込み】
https://cbtcenter.jp/event/?itemid=2793

【連絡先】kyotocbt01@gmail.com

【その他】臨床心理士ポイント申請予定


ワークショップ案内
第38回全国青少年相談研究集会 開催のご案内

独立行政法人国立青少年教育振興機関より標記研究集会開催のお知らせがありました。
詳細につきましては、
 http://www.jsccp.jp/info/infonews/detail?no=808 
より、ご確認ください。

長岡病院心理課主催
「第23回 CBTワークショップ~大人のADHDに対するCBT~」


 約束の日時を忘れてしまう、スケジュール管理が苦手である、ケアレスミスが多 
い、机の上が整理できない、などなど。このような困りごとを抱えているADHDの方は 
多いです。本ワークショップではADHDについて研究され、多数の本も執筆されている 
中島美鈴先生をお招きして、大人のADHDに対する認知行動療法についてご講義いただ 
きます。事例の紹介やワークをとおして、ADHDに関わる困りごとへ適用できる技法を 
学んでいただければと思います。

日時:2021年12月1日~12月31日(予定) 約5時間

場所:オンライン
(動画視聴できるURLをメールにてお送りしますので、
 それをクリックすればそれだけでご視聴できます。)

料金:10,000円(期間中、くり返しご覧になれます)

対象:保健・医療・福祉・教育・司法・産業の専門職(守秘義務のある方。大学院生 
も可)

講師:中島美鈴先生
    公認心理師/臨床心理士
    心理学博士
    肥前精神医療センター臨床研究部

主催:長岡病院心理課

問い合わせ:
 長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)心理課
 TEL:(075) 951 – 9201(代表)
 E-mail:nagaokashinri@gmail.com

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。


お申し込み:https://forms.gle/gCa7QNxwkEwwccLX9
研修会のご案内
東北バリアティブケア研究会
「心理職のための身体医療基礎講座・ワークショップ」


【対象者】臨床心理士、公認心理師などの心理職
(病院やクリニック勤務の方、身体医療について学びたい方など)
【日時・内容】
①身体医療基礎講座(オンデマンド配信)  2021年12月~2022年1月
各1時間程度の講義を7本ご覧いただけます。
定員:50名程度

②ワークショップ(zoomによるオンライン開催) 2022年3月5日 10:00~16:00
より実践的な内容のワークをおこないます。
定員:40名程度

【参加費】
①(eラーニングのみ)5000円

①(eラーニング)+②(ワークショップ)9000円

※②ワークショップご参加の方は事前学習として①の講義を受講ください。

ワークショップのみの参加は承っておりませんのでご了承ください。
詳しい内容や申し込み方法については、添付文書をご覧ください。
研修会案内


お申し込みは2021年11月10日(水)までとなっております。

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。
東北パリアティブケア研究会 事務局

pccptohoku@gmail.com
京都CBTセンター
「強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方~」

◆内容
重症な強迫症だけでなく、日常に潜む強迫的な行動の癖の治し方がテーマです。
強迫症の治療技法と思われている曝露反応妨害法、また抜毛やチックの治療はハビットリバーサルという固定観念をやぶって、その応用についてわかりやすく提示してもらいます。
応用を知ることで基本を学ぶのが楽しくなります。繰り返すうつ病や難治のパニック症にも強迫的な回避行動の存在に気付けるようになり、二つの技法の応用でカウンセリングで治せる範囲が広がるでしょう。
気づいただけで行動を変えられない人のための課題の作り方の例示など、臨床に必要な認知行動療法の基本から実践までを学べる一日です。申し込み時に質問をお受けして講義の中で回答してもらいますので、どうぞご活用ください。
◆会場
オンライン
◆日時
ライブ視聴   2021 年 11月28日(日) 10 時~16 時(1時間休憩あり)
録画視聴   2021 年 12月5日(日) ~ 2022年1月5日(水)
◆申込み受付け
ライブ視聴 2021年11月21日まで
録画視聴 2021年12月28日まで
◆受講料
ライブ視聴 10,000円(税込)
録画視聴 10,000円(税込)
◆講師
岡嶋 美代(道玄坂ふじたクリニック、BTCセンター)
◆対象
医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有識専門家および大学生・大学院生
◆臨床心理士ポイント
このセミナーはライブ視聴・録画視聴どちらも臨床心理士ポイント申請予定です
◆申込み
こちらのフォームよりお申込みください

https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2788
セミナー案内
◆主催
京都CBTセンター
◆お問い合わせ先

kyoto@cbtcenter.jp(京都CBTセンター事務局) 
あざみ野心理オフィス 第13回松木邦裕セミナー on the web
「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」


今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。
昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。ネガティブは人の苦悩の源泉であり、その「棘」は本人を苛み、関わる者はその棘に刺されることを覚悟しなければなりません。その痛みこそクライエントを知る端緒となります。精神分析の目的は、この「得体の知れないネガティブ」を心に抱えておくことのできる「ありきたりの不幸」にすることです。そこには臨床の、そして生きることの大切なヒントがありました。
しかし、問いはつきません。今年は、さらにもう一歩進んで「憎しみHate」について考えようと思います。ヘイトスピーチという言葉があるように、社会において憎しみは中傷、誹謗、差別などになって、連鎖し、応酬しあっています。それが行為になるとバイオレンス=暴力や暴言となって、人は傷つけあい、時に殺人や戦争にまでつながるような破壊的なものになります。臨床の現場においても、クレームやバイオレンスの問題は避けることはできず、私たちは宿年の怨念のような憎しみに戸惑い、突然の憎しみの噴出に狼狽えることになります。
一方、視点を変えれば、憎しみのリンクをビオンが「H」と記号化したように、憎しみは情動であり、関係性であるということができるでしょう。憎しみは対象に向かっているのです。それは愛「L」と関係しているのでしょうか?また、憎しみを変容するということはいったいどういうことなのでしょうか?

第1部では、松木先生に「精神分析からみたヘイト」としてヘイトをどのように考えるのかの講義と質疑応答を行いたいと思います。
第2部ではコンパクトな臨床ビネットを提示し、そのケースの中でどのように憎しみをワークするのか検討します。
第3部の「臨床談義」では、参加者の皆様から松木先生に聞いてみたいことを事前に受け付けます。臨床に限らず、どのような角度の質問でも松木先生にぶつけてみましょう。臨床談義は例年、学会などでは訊けない問いから、思いもよらない話を聴くことができます。今年も、全国の皆様からの予想外の質問を楽しみにしています。

【講師】 松木邦裕(精神分析オフィス)
【日時】2022年1月16日(日曜日)10:15~15:30

※オンライン上(zoom)での開催です。セミナー終了後に録画配信を予定しており、当日の受講者は録画配信を視聴していただけます。

【申し込み手順】
PC、スマートフォンで下記のURLから申し込みフォームにアクセスし、必要事項を記入の上、送信してください。

URL: https://forms.gle/dQStqzfhZMCFFnL97

松木邦裕セミナー案内
哲学心理研究所
「第5回オンラインCBTセミナー ~認知行動療法の全体像と基本~」


 【第5回オンラインCBTセミナー ~認知行動療法の全体像と基本~のご案内】
 今回は、認知行動療法の全体像をしっかり理解していただいたうえで、汎用性の高 
い基本となるスキルを身につけられるように、詳しく解説します。単なる教科書的な 
解説にとどまらず、実践上のカンやコツ、心理教育の実例など、すぐに役立つ内容を 
盛り込みます。具体的には、以下の内容を予定しています。

 1.行動療法の基礎理論とその応用としての技法
 2.認知療法の基礎理論と認知的技法・行動的技法、基本原則
 3.ケースフォーミュレーションと介入効果のアセスメントなど

 初めて認知行動療法を学ぶ方、部分的には学んでいるが全体像がまだよく分からな 
い方、汎用性の高い技法を学びたい方などを歓迎します。

セミナー案内


期間:2021年12月1日(水)から1カ月間(予定)
   約5時間 期間中、くり返し視聴可
場所:オンライン(録画視聴、資料はPDFで配布します)
料金:10,000円
対象:保健・医療・教育・産業・福祉・司法などの対人援助職
   (大学院生も可)

講師:若井貴史
    哲学心理研究所 所長
    公認心理師/臨床心理士
    厚生労働省 平成25年度認知療法・認知行動療法研修 修了
    大阪経済大学・花園大学・立命館大学 非常勤講師
    学術誌『自由学藝』にて「弁証法・認識論から説く認知行動療法入門」を連 
載中

主催・お問い合わせ:哲学心理研究所
   E-mail:tetsugakushinri@gmail.com

お申し込み
 ↓↓
https://forms.gle/uecUu3g8u8XWhXdG7

〆切:12月12日(日)

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。

【哲学心理研究所のご案内】
サイト:https://philosophy-psychology.com/
Twitter:https://twitter.com/Josef_Dietzgen
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8QKkUuJiw5QoO2ho1t3LXg
 (過去のCBTセミナーに寄せられた質問に答えている動画も公開しています。)

【『自由学藝』申し込みサイト】
https://forms.gle/nXxgX7DK9yq7MK3v7
子育てカウンセリング・リソースポート
「スクールカウンセラーのためのシステムズコンサルテーション
 -伝えたいことを伝えるために「聴いて話す」技法ー」


講師 大河原 美以 先生​
臨床心理士・公認心理師​
大河原美以心理療法研究室 室長

日時:2021年11月23日(火・祝)10:00~16:00

講師プロフィール
 臨床心理士・公認心理師,博士(教育学)
 元・東京学芸大学 教育心理学講座 教授(2021年3月まで)
 専門は、親子の心理療法・家族療法・EMDR療法
 1997年9月より、東京学芸大学 助教授。
 2007年4月より、東京学芸大学 教授。
 2021年3月、23年7ヶ月勤務した東京学芸大学を(3年早く)早期退職。
 2021年4月、「大河原美以心理療法研究室」を開設。
 主要著書
 「いやな気持ちは大事な気持ち」(絵:山本実玖) 日本評論社 2021年
 「子育てに苦しむ母との心理臨床 EMDR療法による複雑性トラウマからの解 
放」 日本評論社 2019年
 「子どもの感情コントロールと心理臨床」 日本評論社 2015年
 「子どもたちの感情を育てる教師のかかわり-見えない「いじめ」とある教室 
の物語」 明治図書 2007年
 「怒りをコントロールできない子への理解と援助 教師と親のかかわり」 金 
子書房 2004年


講師から
 スクールカウンセラーにとって、教員に対して「コンサルテーション」を行う 
ことは、重要な仕事の1つです。「コンサルテーション」とは、「教師役割に対 
する支援」を行うために対話をし、教師との連携を可能にするための関わりで 
す。この「コンサルテーション」がうまくいくかどうかは、スクールカウンセ 
ラーが学校に勤務する上での「元気を維持できるかどうか」にも関わる重要な課 
題であるといえるでしょう。
 この研修会では、システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサ 
ルテーション」の技法を学びます。伝えたいことを伝えるためには、「相手が話 
していることを聴く」技法が必要です。常識的ないつもの聴き方では、聴けてい 
ないことが多いのです。「ちゃんと聴いてコンテクストを把握する」ことができ 
ると、「相手に伝わる話」をすることができます。講義とシナリオロールプレイ 
をあわせて行うことで、対話の技法をお伝えしたいと思っています。シナリオ 
ロールプレイは、Zoomのブレイクアウトルームの機能を利用することで、少人数 
での実施が可能です。

内容
前半:LIVE講演(約2時間)
 10:00~12:00
 システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサルテーション」に 
ついて解説
後半:シナリオロールプレイと振り返り、解説
 13:00~16:00
 事例の見立てと援助の方法をスクールカウンセラーの視点から体験


参加費 8,800円
※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。

以下の点にご留意ください
※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。
※この研修は、資格認定協会の条件を満たした場合、臨床心理士の資格更新ポイ 
ントを申請する予定です。
※zoomを活用したオンライン研修会として開催します。
※zoomのブレイクアウトルームを使用します。
※オンライン会議室へのアクセスについてのサポートは行いません。
※事後の録画視聴はございません。
※ZOOMへの接続不良の場合などにも、一切のご返金は行いません。

お問い合わせ
お問い合わせは、下記お申し込みページ「主催者に連絡する」というアイコンか 
らお願いいたします

お申し込み
https://peatix.com/event/1989101/


主催
子育てカウンセリング・リソースポート
https://www.resource-port.net/
茨城県守谷市薬師台1-7-5

共催
大河原美以心理療法研究室
https://mii-sensei.com/
大阪彩都心理センター主催 オンライン研修
~引きこもる心に寄り添うために~
〝ほどよい母親”(D.W.ウィニコット)から〝ほどよい親子関係”へ


講師:深津 千賀子(大妻女子大学名誉教授、千駄ヶ谷心理センター)

◆日 時 2021年11月3日(水・祝) 10:00~16:30
◆会 場 オンライン(ZOOMウェビナー)
◆会 費 5,000円 
◆詳 細 http://saitokodomo.com/doc/kensyu211103.jpg

"ひきこもり"や"良い子"を演じ続けて生きている偽りの自己(false self)。その苦しみを脱ぎ捨てて成長するには、再接近期の母子の葛藤に割って入る父親の役目が大切です。
 D.W.ウィニコットは、絶対依存(absolute dependence)から相対依存(relative dependence)への早期母子関係と発達を詳らかにしました。その発達論と臨床を学び、さらに本当の自己(true self)を核にして自立して行くための「ほどよい親子関係」を学びます。

◆申込み方法
  以下を研修事務局 kensyu@saitokodomo.com までお送りください
  1,氏 名
  2,よみがな  
  3,携帯電話番号(半角ハイフンなし)  
  4,お勤め先or所属
  5,職種or役職  
  6,臨床心理士資格登録番号(臨床心理士の方のみ) 

 ※携帯アドレス docomo や ezweb からはトラブル頻発のためご遠慮ください
 ※数日経っても返信がない場合、他のメアドから再度お送りください 
「発達障害と不登校対応に役立つ児童思春期支援ワークショップ」
【内容】
 本研修では、児童思春期に生じるさまざまなこころの困りごとに対して個人支援、専門
性に基づくチーム体制の構築や支援体制について実践例を基に学ぶことができます。不登校、発達障害、家族関係などの支援をされている方にとってお役立てできる内容になっております。

【会場】
 Web上

【受講料】
 ●ライブ視聴:10,000円(税込) ●録画視聴:10,000円(税込)
 双方向のやりとりによる学びをお勧めする関係でライブ参加を推奨します。
 ライブ配信はZOOM

【講師】
 小山 秀之先生 (臨床心理士・社会福祉士・公認心理師)

 特定非営利活動法⼈PeerNet 理事⻑。和歌⼭県臨床⼼理⼠会
(理事)、和歌⼭県公認⼼理師協会(理事)、内閣府「子供・若者支援地域ネットワーク強化推進事業」「子ども・若者総合相談センター強化推進事業」(アドバイザ
ー)、等を兼任。教育歴としては奈良⼤学、関⻄福祉科学⼤学、⼤阪⻭科⼤学、関⻄医療⼤学、関⻄⼥⼦短期⼤学等の非常勤講師として学生を指導し、また支援者としては医療・福祉・教育(SC)・産業等の幅広い領域で活動している。

【対象】
 カウンセリング初学者、認知行動療法初学者、医療・保健・福祉・産業・教育・司法の有職専門家および大学生・院生

【日時】
 ●ライブ視聴:2021年10月23日(土)10:00~16:00(休憩1時間)
 ●録画視聴期間:2021年10月24日(日)~11月24日

【申込み】
 下記フォームよりお申込みください。
  https://cbtcenter.jp/event/?itemid=2784

ワークショップご案内

【申込み締め切り】
 ●ライブ視聴:2021年10月20日 ●録画視聴:2021年11月20日

【臨床心理士ポイント】
当セミナーは臨床心理士ポイント申請予定です。

【主催】
京都CBTセンター

【問い合わせ】
kyotocbt01@gmail.jp (京都CBTセンター事務局)
岩手医科大学神経精神科学講座
トラウマフォーカスト認知行動療法(TF-CBT)Introductory Training

日 時:11月20日(土)~21日(日)9:00~17:30
対 象:東北地方ご在勤で、
児童精神の診療を行っている病院(小児科、児童精神科、精神科)の臨床心理士・公認心理師、
児童養護施設、児童心理治療施設等、子どもの施設の臨床心理士・公認心理師、
またはスクールカウンセラーで、TF-CBTの心理教育、リラクセーション、感情、認知のコンポーネントを
活用したい臨床心理士、公認心理師の先生方を対象としております。
詳細につきましては、添付ファイルをご参照ください。

案内詳細
 カウンセリングスペースやどりぎ セミナー案内

カウセリングスペースやどりぎでは、2019年4月の開所時よりネット・ゲーム依存
が日常生活に支障をきたしている児童生徒~成人(本人及びご家族)を主な対象とし
て相談支援を実施しております。また、相談者の6割が未成年という状態を鑑み、依
存症の一次予防の観点から保護者向けにゲーム障害予防教育プログラムを作成・実施
し、2021年4月には家族会を発足いたしました。

 この度、昨年度に引き続き「ゲーム障害への支援、三者三様の視点から」の第2弾
企画として、久里浜医療センターTIAR(インターネット依存治療部門)より同セ
ンターの院長の樋口進先生はじめ3名の生方をお迎えし、支援者向け研修会を開催い
たします。今回の企画では各先生方に、それぞれの専門性から「支援者が何を、どの
ように見立てるのか」という視点から支援の実際についてお話頂きます。尚、事前に
募集する質問や当日のチャット内容をもとに質疑応答タイムを設けたいと考えており
ます。申し込みは、添付しております研修案内にてご確認ください。研修会は、オン
ラインで実施し、リアルタイムでのライブ配信とともに研修会開催後にはオンデマン
ド(録画)配信いたします。

ネットやゲームへの依存は、今最も支援ニーズの高まりをみせる領域のひとつです。
ゲーム障害への支援に関わる全ての職種を対象とした研修会となります。皆様方のご
参加をお待ちしております。

【会期】

 R3年11月6日(土)10時~17時(9時30分ログイン開始)

【講師】  樋口進  先生(久里浜医療センター院長)

      北湯口孝先生(久里浜医療センターTIAR臨床心理士)

      前園真毅先生(久里浜医療センターTIAR精神保健福祉士)

【参加費】 6000円

【参加要件・定員】支援者・300名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)

【申し込み】案内文書QRコード・やどりぎHPから申し込みいただけます。

【その他】

・講師の先生方へのご質問は、申し込み時にお知らせください。

質問受付は10月23日(土)締め切りとさせていただきます。

・臨床心理士研修ポイント申請を予定しております。

【問い合わせ先】

カウンセリングスペースやどりぎ

福岡市博多区吉塚1-39-11-1F yadorigi@japanmac.or.jp
<mailto:yadorigi@japanmac.or.jp>  担当 谷川・萬福

セミナー案内
NPO法人コンボ主催
「リカバリー全国フォーラム2021」


『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』
2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催

リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、
立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。
近年「ピアサポート」という言葉が高い関心や注目を集めています。また、当事者の
ピアサポーター雇用についての制度上の変化も進み、ピアスタッフ・ピアサポートへの
期待が高まっています。
私たちは誰しも、どんな立場であれ、自分と似た経験を持つ人(ピア)からの一言で
勇気づけられ、安堵することがあるのではないでしょうか。「ピアサポート」とは何か
を考える時、そこには多様な形と広がりがあることに気づかされます。
第13回目となる本フォーラムを、「人と人とが支え合う」ことの意味を問い直し、
地域共生社会の実現のため一人ひとりに何ができるのかを、参加者の皆様と共に考える場
としたいと思います。
昨年に引き続き、今年もオンライン開催です。開催後オンデマンド配信もいたします。
全国各地からの、ご参加を心よりお待ちしています。

★リカバリー全国フォーラム2021のメインページ
https://www.comhbo.net/?page_id=29980
<https://www.comhbo.net/?page_id=29980&utm_source=mm&utm_medium=email>

━━━━━━━━━━
プログラム
━━━━━━━━━━
https://www.comhbo.net/?page_id=29991

【基調講演】10/16(土)10:10~11:30
〇講師:熊谷晋一郎さん(東京大学先端科学技術研究センター)
[image: PIC - kumagaishinichirougenkiplus2.jpg]
〇座長:
認定NPO法人コンボ(共同代表):宇田川健  &  伊藤順一郎

【トークライブ】10/16(土)13:00~14:00
「おうちでトークライブ2021~世界に伝えたいあなたのリカバリー~」
〇司会:
認定NPO法人コンボ(共同代表):宇田川健  &  佐々木理恵

【シンポジウム】 10/17(日) 10:10~11:30
「さまざまなピアサポート~私たちが大切にしているもの~」
〇シンポジスト:
彼谷哲志さん(日本メンタルヘルスピアサポート専門員研修機構・NPO法人あすなろ)
吉野智さん(PwCコンサルティング合同会社、前厚労省専門官)
桐原尚之さん・堀合研二郎さん(全国「精神病」者集団)
嶋田兆央さん・千葉浩之さん(埼玉県断酒新生会)
〇座長:
相川章子(聖学院大学)& 増川ねてる(WRAPファシリテーター)

【分科会】多彩なテーマの10分科会
〇ピアスタッフとの協働の実際、〇オープンダイアローグ、
〇アウトリーチ&共同意思決定、〇医療の場でのピアサポート、
〇WRAP(元気回復行動プラン)、〇IPS:援助付雇用、
〇疾病管理とリカバリー:IMR、〇ヤングケアラー&家族丸ごと支援、
〇リカバリーカレッジ、〇トラウマインフォームドアプローチ

★詳しくはプログラムのページをご覧ください
https://www.comhbo.net/?page_id=29991

━━━━━━━━━━
【お申込】
━━━━━━━━━━
〇ウェブ申込
https://recoveryforum2021.peatix.com/
申し込みQRコード
〇FAX申込(申込用紙ダウンロード)
https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2021/07/RNF2021moushikomi.pdf

━━━━━━━━━━
【申込締切】
━━━━━━━━━━
〇クレジットカード決済の場合(ウェブ申込のみ): 2021年10月10日(日)
〇コンビニ支払いの場合(ウェブ申込のみ): 2021年10月9日(土)
〇FAX申込の場合: 2021年10月4日(月)
※当日参加はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

━━━━━━━━━━
【参加費】
━━━━━━━━━━
〇 一般: ¥7,000  (5,000)
〇 学生: ¥4,000  (3,000)
〇 家族: ¥4,000  (3,000)
〇 当事者:¥3,000  (2,000)
※カッコ内はコンボ賛助会員割引料金です。2日分の参加費です。
☆参加申込された方は、2日間どのプログラムにもご参加いただくことができます。
☆参加申込された方は、リカバリーフォーラム各企画(許諾のとれたもののみ)の
様子を録画したものを、開催後に編集した後、1か月ほど、コンボのウェブサイト
(限定公開)にて視聴していただけます。

━━━━━━━━━━━
オンライン開催について
━━━━━━━━━━
〇パソコン、スマートフォン、タブレットからご参加いただけます。
〇オンライン開催にはビデオ講演会システムZoom(ズーム)ウェビナーを使用します。
◎詳しくは下記をご確認ください:オンラインで参加するには
https://www.comhbo.net/?page_id=30027

━━━━━━━━━━━
よくある質問:FAQ
━━━━━━━━━━
https://www.comhbo.net/?page_id=30029
(随時更新しています)

━━━━━━━━━━━
事務局 / お問合せ
━━━━━━━━━━
認定NPO法人コンボ内
リカバリー全国フォーラム事務局
〒272-0031
千葉県市川市平田3-5-1
トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870
FAX: 047-320-3871
Email: RF@comhbo.net
NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ
不登校・ひきこもり支援におけるアウトリーチ ケースマネジメントからアウトリーチのスキルまで


【研修概要】
本研修会では、不登校・ひきこもり支援におけるアウトリーチ(訪問支援)のケースマネジメント、求められる姿勢やスキルについて学び、心理臨床に活かせる機会とします。
【講師】
深谷 篤史
臨床心理士、公認心理師、EMDR臨床家資格、認定行動療法士。NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 理事、東京支部長、埼玉支部長、神奈川支部長。不登校・ひきこもり支援のアウトリーチ等を専門とする。
【日時】
2021年10月31日(日)10:00 - 12:00  ※9:30入室開始
【形式】
オンライン(Zoomを使用)
【定員】
80名
【参加対象】
臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、社会福祉士、心理学専攻の大学院生、支援者
【参加費】
一般 3,000円 学生 1,000円
【お申込み】
下記URLからお申込みください。
申込期限:10月20日 振込期限:10月21日
https://forms.gle/m5hNJfye3VyRMRP97
【主催】
NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ
URL: https://www.mcr-npo.com/
事務局Mail: mentalcr@yahoo.co.jp

研修のご案内
認定NPO法人子どもの心理療法支援会主催
2021-22年 京都精神分析・臨床セミナー(年6回)
テーマ「子どもを取り巻く環境ーその精神分析的理解ー」


時間:各回とも13:00~17:30 (前半2時間【講義】、後半2時間半【事例検討】)

*※**オープンセミナーの第4**回は13:00~18:00*

開催日・会場:

第1回 (12/5) は「TKPガーデンシティ京都」

第2回 (2/13) は「ハートンホテル京都」

第3回 (3/13)・第4回 (4/24) は「ハートピア京都」

第5回 (5/29)・第6回 (7/24) は「未定 (京都近郊の会場を予定しております)」

※オンラインでの参加も可能です。オンライン参加の別を申し込みフォーム内にてご回答ください。

※新型コロナウイルス感染症COVID-19の影響を鑑みて、オンライン開催となる場合がございます。

講義内容:

第1回 「子どもにとっての環境とは」

(講師:平井正三先生)


第2回 「子ども・家族・コミュニティ-ポスト・コロナ時代の思春期」

(講師:飛谷渉先生)


第3回 「心の育ちを支援する環境-虐待を受けた子どもと発達障害を持つ子どもへの支援を中心に-」

(講師:生地新先生)


第4回 「アタッチメントとSensitivity」

(講師:北川恵先生)

「子育て支援としてのMentalization Based Treatment for Children (MBT-C)」

(講師:ガヴィニオ重利子先生)

 ※   第4回はオープンセミナーとして単回でもお申込みしていただけます。


第5回 「子どもを廻る環境-特に家庭崩壊に関して-」

(講師:木部則雄先生)


第6回 「コミュニティへの介入の精神分析的理解」

(講師:岩倉拓先生)


申し込み〆切日:*2021**年10**月31**日 (**日)*
申し込み方法:下記URLから申し込みフォームにて必要事項をご記入ください。

http://forms.gle/mUPMd8QufSCEWZso9

第4回オープンセミナーのみの申し込み方法:下記URLから申し込みフォームにて必要事項をご記入ください。

http://forms.gle/DyqtVyn8nJWWjbE49

セミナーのご案内

お問い合わせ:認定NPO法人子どもの心理療法支援会

TEL/FAX:075-600-3238

E-mail:rinsemi@sacp.jp 
九州大学こころとそだちの相談室主催設立15周年記念 特別講演会
「井上雅彦先生特別講演会~発達障害・自閉スペクトラム症への認知行動療法~」


特定非営利活動法人九州大学こころとそだちの相談室(こだち)は
2006年10月に設立し、今年の10月をもって設立15年となります。

こだちでは設立15周年特別企画として、鳥取大学大学院の井上雅彦先生をお招きして特別講演会を開催します
発達障害を中心とした多くの相談を受けながら、自閉症に関する臨床と研究に取り組んでいらっしゃる
井上先生のお話を全国からオンラインでお聞きすることができる大変貴重な機会です。
お知り合いの方をお誘いあわせの上、ぜひともご参加ください。

日  時:2021年10月17日(日)10:00~12:30

講  師:井上 雅彦 先生(鳥取大学大学院医学系研究科 臨床心理学講座 教授)

形 式:zoom・ウェビナー形式での開催

対 象:臨床心理士(受験資格取得者含む)、公認心理師、その他心理士、医師、コメディカルスタッフ、

発達支援や療育に携わる支援者、臨床心理学を学ぶ大学院生

※講演内容に事例が含まれるため、守秘義務を守れる方に限ります

参加費:こだち会員(正会員・賛助会員・学生会員)1,500円、非会員3,000円

詳細・お申し込み方法はこちらよりご確認ください。

https://www.codachi.org/tokubetsu211017/
講演会のご案内

皆様のご参加をお待ちしております。お知り合いの方にもお知らせいただけますと幸いです。
ご不明な点がございましたら、こだち事務局までお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いい申し上げます。 

お問い合わせ先

九州大学こころとそだちの相談室事務局
Tel : 092-832-1345 Mail: jimukyoku@codachi.org
 心理オフィスK オンライン研修会

●オンラインセミナー「心理職1年目のためのアセスメント入門」

日時:2021年10月14日(木)19:30~21:30

講師:北川清一郎(心理オフィスK代表、臨床心理士、公認心理師)

費用:1,800円

開催場所:Zoomによるオンライン開催

参加資格:臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。

申し込み:申し込みフォーム https://s-office-k.com/professional/seminar/contact から必要事項を記入して送信

詳細: https://s-office-k.com/news/archives/9318

●オンラインセミナー「ロールシャッハテストの解釈と所見作成を学ぶ基礎セミナー」

日時:2021年10月31日(日)10:00~16:30(休憩1時間30分)

講師:諏訪淳哉 先生(しんよこメンタルクリニック、臨床心理士、公認心理師)

費用:7,700円

開催場所:Zoomによるオンライン開催

参加資格:臨床心理士、公認心理師、医師、臨床心理士養成大学院の院生などで、ロールシャッハテストの基本的な実施やスコアリングはある程度可能な方。

申し込み:申し込みフォーム https://s-office-k.com/professional/seminar/contact から必要事項を記入して送信

詳細: https://s-office-k.com/news/archives/9888

●オンラインセミナー「初心者のためのフォーカシング指向心理療法入門」

日時:2021年11月3日(木・祝)10:00~16:30(休憩1時間30分)

講師:山﨑暁 先生(信州大学学生相談センター、臨床心理士)

費用:7,400円

開催場所:Zoomによるオンライン開催

参加資格:臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。

申し込み:申し込みフォーム https://s-office-k.com/professional/seminar/contact から必要事項を記入して送信

詳細: https://s-office-k.com/news/archives/10193
メンタルライフサポートPrimoPasso オンラインワークショップ
「発達障碍のある人と共に育ち合うための専門家セミナー
 ~発達障碍支援の在り方を巡って~」


今回の研修では、大倉先生、勝浦先生お二人の先生をお招きし「発達障碍のある人と共に育ち合う-「あなた」と「私」の生涯発達と当事者の視点」の内容を中心にご講義いただき、これから発達障碍者の支援に関わっている初学者の方だけでなく、すでに支援に携わっている経験者の方にも、支援について学び考え、実践に活かすことができる有意義な研修となるよう進めていきたいと思います。

【研修内容及び講師】
10月9日(土)14:30-17:00
発達障碍のある人を「支援」するとはどういうことなのでしょうか。
「支援ー被支援」という枠組みに囚われていると、一人の人間として相手を受け止める構えが損なわれがちで、そのことが、「支援」しているつもりがかえって相手を傷つけているという事態につながっていきかねません。今回の研修では「発達障碍のある人と共に育ち合う」ということをキーワードに、支援者側も一人の人間として成熟していく中でこそ初めて、発達障碍のある人との真の「出会い」も実現されるのではないかということについて考えていきたいと思います。

講師:大倉 得史先生
京都大学総合人間学部卒業、2003年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了(博士
人間・環境学)。九州国際大学講師、同准教授を経て2009年より京都大学大学院人間・環境学研究科講師、2010年同准教授、2019年同教授。公認心理師、臨床心理士。

10月23日(土)14:30-17:00
保育、教育の現場で活動されている人を中心とした研修です。発達障碍のある子どもたちを支援するときに生じる様々な難しさについて共に考えていくことができればと思います。そこから、発達障碍のある人たちと私たちとが、お互いにとっての「身近な他者」になっていくことの大切さを検討出来れば幸いです。

講師:勝浦 眞仁先生
     2011年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(人間・環境学)。桜花学園大学保育学部准教授。公認心理師。

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家(初心者の方でも歓迎です)、大学生・大学院生、発達障碍の方の支援に携わる保育士や教師、医師、キャリアコンサルタント、看護師、PSWなどの専門家の方の参加もお待ちしております。

【日程】2021年10月9日(土)14:30-17:00/10月23日(土)14:30-17:00
【参加費】
両日参加の場合:専門家5,000円、大学生・大学院生3,000円
1日参加の場合:専門家3,000円、大学生・大学院生2,000円


【定員】30名(オンライン研修となります)

【主催】メンタルライフサポートPrimoPasso

【お問い合わせ】primopasso012@gmail.com

【参照HP(お申し込み)】https://forms.gle/42J4TJETQLtSc6zR8

【チラシのダウンロード】
https://drive.google.com/file/d/133k7avGOeYOMvGTILwE-BtiqsUh8gkqo/view?usp=sharing


10月9日、23日の両日をご参加いただき、5時間の研修を修了いただいた方は、臨床心理士資格更新ポイント申請予定です。ぜひ両日のご参加をお待ちしています。
 株式会社メディカルリクルーティング オンラインセミナー

オンラインセミナー案内

一般社団法人 パーマネント・クリエイティブ・マインド
オンライン研修会のご案内


本研修では、子どもの心理的支援に関わる専門職としては知っておくべき知識・技法であり、自閉スペクトラム症の子どもたちへの心理療法としても注目されている認知行動療法について、複数回にわたってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただいております。


第6回は2021年10月16日(土)に開催させていただき、『子ども虐待防止のためのCBT』をテーマに、大河内美和先生(headspace:オーストラリアの青少年向けメンタルヘルスサービス)をお招きし、ご講演いただきます。
・ オーストラリアにおける子どものメンタルヘルスや虐待防止に関わる事情・子ども虐待防止に効果のあるCBTプログラム・オーストラリアで、エビデンスのあるCBTプログラムをどう実施しているか(システム)・個別のセラピーで子ども虐待に関する問題をどう展開するか・通常のCBTで対応できる子ども虐待の防止の仕方

などの内容を、このオンライン研修では含む予定です。見逃し配信もございます。

研修会についての詳細のご確認・お申し込みは下記のURLより、よろしくお願いいたします。
https://cbt6.peatix.com/view
 一般社団法人アンガ-マネジメントジャパン オンライン研修

アンガ-マネジメントオンライン研修1

アンガ-マネジメントオンライ研修2
 療育機関NPOフトゥーロ オンライン研修会
4部構成に分けてお話しします。まず、第1部・2部ではWISC―Ⅳの理論的な枠組みや指標、下位検査及び行動観察からの解釈方法について1つの事例を通してお話します。第3部では読み書き等学習に躓きを持つケースの結果の解釈、結果から考えられる支援方法について、第4部では行動や社会性に躓きを持つケースの結果の解釈、結果から考えられる支援方法についてお話しします。支援方法についてはワークシートや教材なども多く紹介します。検査をとる立場の方、検査結果を踏まえて支援をする立場の方それぞれの立場でお聞きいただける内容です。

◇講師:安住ゆう子 特定非営利活動法人フトゥーロ LD発達相談センターかながわ所長(公認心理師・特別支援教育士SV)
◇対象:心理士・教員・福祉医療関係者等支援者
◇配信期間:2021年9月27日(月)AM10時~10月27日(水)PM12時
◇申し込み締め切り:10月26日(火)  
◇受講料:8,000円
◇講義時間:約6時間
◇お申込み方法:Peatix(グループ・イベント管理サービス)にて申し込み・ご入金・資料送付をおこないます。
◇臨床心理士ポイント申請中・S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ領域)対象

お申込みや詳細は、下記からお進みください。
https://futuro.peatix.com/

当所ホームページ
https://www.futuro.or.jp/

研修会情報
https://futuro.peatix.com/
 「依存症とその家族-家族システム論的アプローチ」
〇 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ connect主催研修 
【講師】檜原 広大 (公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士・社会福祉士)NPO法人メンズプラットフォームku 理事長株式会社Seqoia 代表取締役 カウンセリングルームセコイア 室長
【講師略歴】檜原 広大 (ひばら ひろお)公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士・社会福祉士NPO法人メンズプラットフォームku 理事長株式会社Seqoia 代表取締役 カウンセリングルームセコイア 室長◆大正大学カウンセリング研究所卒業◆1983年~新設のアルコール依存症専門病院信濃病院勤務、地域断酒会、AAとの連携と院内プログラムを構築する。心理教育、家族療法、サイコドラマ、力動的集団療法を行う。システムズアプローチを援用した患者・共依存家族への治療と専門病院の治療システム構築に従事。◆1994年~(有)遠藤嗜癖問題相談室勤務、様々なアディクション問題と家族関係問題のカウンセリングを行う。2008年~2012代表取締役兼室長。◆2012年10月~南青山に心理相談室セコイア(旧名)を開室、トラウマとDV加害・性犯罪加害などのカウンセリングを実施。◆2013年10月、株式会社Seqoiaを設立。◆2019年11月~NPO法人メンズプラットフォームを設立、社会的支援・社会復帰を目的とした「男性の駆け込み寺」
【資格】EMDR臨床家資格(2014)Brainspotting Pase2,Pase3(2017)
【所属学会】日本心理臨床学会、日本EMDR学会、日本アルコール関連問題学会
【書籍・雑誌】『マインドフルネスに基づく嗜癖行動の再発防止―臨床家のための手引き書』(2016年日本評論社)著:サラ・ボウエン、ネーハ・チャウラ、G・アラン・マーラット、訳:檜原広大『臨床心理学101 第17巻第5号 レジリエンス 』(2017年金剛出版)「アディクションとレジリエンス」(P633~P638) 
【日時】2021年12月5日(日)10:00~16:00 ※9:30入室開始 【形式】オンライン(Zoom)

【参加対象】臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、社会福祉士、支援者、大学院生
【定員】80名
【参加費】一般 5,000円、学生2,000円
【内容】依存症(アディクション)は、精神疾患のひとつです。依存症を抱える方は、長年にわたり「否認」して問題から逃避し続ける傾向にあります。依存症の治療は、「否認」を打破するのではなく、まず、システム論に基づいて個人・家族・社会システムをアセスメントし、次に、関係性の変化を目標とした介入を行い、その後は、変化を維持するための支援システムを構築していきます。本講演の前半は、依存症の総論と「酔いの心理」「しらふの心理」の特徴、依存症の回復についてお話しいたします。後半は、共依存の概念を引用しながら「家族の病」を解きほぐしていきます。機能不全の家族システムを理解して頂き、風通しの良い家族システムづくりの支援方法についてお話しいたします。当日は質疑応答の時間を十分に取りながら、皆様の疑問点や日々の臨床で困っていることなどにもお答えしていきます。※臨床心理士更新ポイント申請予定 【お申込み】下記URLからお申込みください。申込・入金締切 11月25日https://forms.gle/4PpV4tKyQh5QM5JRA
【主催】NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ事務局: mentalcr@yahoo.co.jpホームページ: https://www.mcr-npo.com/


研修会チラシ
ブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート日本主催
「第2回 日本ブレインスポッティング研究大会」


【日時】
2021年11月6日(土)13:00~17:30
2021年11月7日(日)10:00~16:00

【形式】
オンライン

【詳細・お申込みフォーム】
http://btij.org/archives/576
案内チラシ

【お問合せ】
Mail: jbsp.con2021@gmail.com

【参加費】
・初日のみ一般参加可能(BSPトレーニング未受講者)
2000円(オンデマンド視聴無し)
・BSPトレーニング受講済みの方
4000円(2日間通し・初日のオンデマンド視聴可能)
※大会初日のみオープン参加可能です。ブレインスポッティングのトレーニング経験がない人でも、どなたでもご参加いただけます。

【主催】
ブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート日本(BTI-J)
ホームページ: http://btij.org/
九州大学こころとそだちの相談室
「セラピストフォーカシング研修会」

九州大学名誉教授 吉良安之先生をお招きし、セラピストフォーカシング研修会を開催いたします。
今年度も、動画配信+Zoom形式でご自宅から参加が可能です。
日頃の臨床で慌ただしくされている方も、本研修会に参加し、ゆっくりとご自身の気持ちの整理をしてみませんか?
【日 時】①2021年10月9日(土)12時~10月23日(土)12時の間:動画視聴期間(フォーカシングについての講義、実例のロールプレイ)・アンケート入力

         ②2021年10月31日(日)13時~16時:Zoomでのオンライン研修(ワーク、フォーカシングのデモンストレーション ) ※当日のワークの中で、フォーカサー(フォーカシングを受ける人)体験希望者を募る予定です。

     ※①②両日の参加が必要です。

【開催形式】①事前の動画視聴、②Zoomにての開催

【講 師】吉良安之先生(九州大学名誉教授)

【アシスタント講師】稲員 修平 先生(川谷医院)/ 中島 薫 先生(カウンセリングスペース ひなた猫)

【対 象】臨床心理士、公認心理師、その他心理職、および対人援助職

【受講料】こだち会員 3,500円 (非会員 4,500円)

【主 催】特定非営利活動法人九州大学こころとそだちの相談室

【詳細・申し込み方法】下記の特設ページよりお申込みください。

https://www.codachi.org/focusing21/

案内チラシ

お問い合わせ先
九州大学こころとそだちの相談室事務局
Tel : 092-832-1345 Mail: jimukyoku@codachi.org

その他






福島県臨床心理士会事務局

事務局
医療法人湖山荘
あずま通りクリニック4階
精神科デイケア内
    
〒960-8031
福島県福島市栄町1-28
松ヶ丘ビル4階
      
*平成30年度より、事務局電話を外しております。お問い合わせいただいた方には大変ご迷惑をおかけしました。
当会へのお問い合わせは、メールにてお願い致します。
*携帯からメールをお送りいただく場合、パソコンからのメールを受信できるよう、設定確認をお願い致します。

E-mailはこちらから
E-mail:info@fsccp.jp